ハイパー仕事し隊

ハイパー仕事し隊

生き急がなくて良いじゃないか。のんびりスーパービジネスマンになろうぜっ!

MENU

いくつもの情報商材を目にするが、全てが怪しすぎる。。有益な情報商材を見分ける方法は?

スーパーマンビジネスマンとはいえ、お金がないと生きていけない。

 

そして、あって困るものではない。いや、たくさんほしい。。笑

 

そこで色々と調べてみるとあるはあるは。怪しいサイトが。。

 

「ネットで稼ぐ」「アフィリエイトで〇〇万円」「誰でも簡単に月〇〇万円」「1 日たったの 15 分の作業で、月に〇〇万円稼ぐ方法」。。。

 

タメになるのもあれば、怪しさ 100 % のものもある。

 

無料のものから高額のものまでピンキリであるが、これらの情報は「情報商材」として提供されている。

 

では、実際に有益な情報を提供している情報商材を見分ける方法はあるのか考えてみた。

スポンサーリンク

 

  

  

情報商材とは?

まずは、定義の確認。

主にインターネットなどを介して売買される情報のこと。「情報」の内容自体が商品となるものである。

by Wikipedia

情報化社会である現在、いかに 正確 で且つ 自分にとって有益な情報 をに迅速に取得できるかが鍵となる。

 

それらの情報は、インターネットで売買されているのだが、「自分にとって有益」かどうか買うまでわからないのである。

 

「情報商材の性質上返品は認めない」という約款を定めていたとしても、販売者に説明に関する悪意または重過失(断定的判断の提供など)がある場合には約款が適用されないとしている

by Wikipedia

 

読み替えると、悪質でない限り「情報商材の性質上返品は認めない」という約款をつける事で返品できない売買契約が成立するのである。

 

「自分にとって有益」でなければ、まさに「な~~に~~!やっちまったなぁ~!」状態である。笑

 

情報商材のホントとウソ

 

例えば「1 日たったの 15 分の作業で、月に〇〇万円稼ぐ方法」を考えてみる。

 

ホント: 本当にこの程度稼いでいる人はいる

ウソ: 本当にこの程度稼いでいない人がほとんど

 

この差は一体何なのだろか?

 

原因: 時代が変わった

ネットバブルの頃は確かに商材の中に書いてある事を実践すれば稼げたかもしれない。

 

だが、現在では Google の検索ロジックが変わったり、既に市場が飽和しているケースがあり、同様のことでは稼げない又は、稼ぎ難くなっている。

 

原因: 経験値が違う

かなりの時間を費やしノウハウがあれば稼げるが、初心者がサクっとは稼げない。

 

また、長年やってると発信力・集客力があるため (Facebook、twitter、メルマガなど)、ポッとでの初心者が簡単に同じ様には稼げない。

 

 

原因: 一生懸命さが足りない

実際に、情報商材の内容通りに稼げたとしても、成果が思ったように出ず、途中で面倒になり諦めるケースも多いと思う。

 

情報商材に「稼げない!」とクレームを言う人も多いようだが、「ちゃんと毎日言われた通りやりましたか?」という質問で一切無くなるとの事。

 

良い情報商材の見極め方法

悪知恵を働く悪質な商材は、手を替え品を替え購入者のココロをくすぐるのがうまい為、そういった悪質なものに手を出さない様にすること難しい様に思う。

 

だが、良質な商材を選ぶことは簡単である。販売している「」を見ればよいのである。

  • 他の人からの評価
  • Facebook や twitter などによるリアル感
  • 過去の経緯から現在に至るまでの過程

信頼できる人 は少なからず、信頼できる行動 をしている。

 

実際に、ココナラや note(ノート) にて購入しているが、評価の高い人は「提供する情報の質」も分かり易く説明している。

 

そうやって、ちゃんと販売者を見極める事で、今の所満足な情報の購入はできている (少額なので。。笑)

 

まとめ

 「自分にとって有益」であるかどうかは、相対的な判断基準である為、情報商材の価値は人により様々である。

 

自分が今どのレベルで、どの情報を欲しているかを把握していないと失敗する可能性が高くなる。

 

とはいっても、自分のレベルはいくつかの情報を実際に購入し、失敗・成功した経験値を積む事でわかるので、まずは少額 投資 という位置づけで自分を理解することからだと感じた。

スポンサーリンク