ハイパー仕事し隊

ハイパー仕事し隊

週末エンジニアのノート。イロイロ試していきまっせ。

MENU

タクシーなんて使わない。だって、ヘリコプターがあるから。

 

将来の夢は、パイロット。。。だった。。

 

小学生の頃、憧れていたけど、気づけば今は普通のサラリーマン。。(これからスーパービジネスマンになるけどねっ!!)

 

よーく考えると、JAL / ANA / 自衛隊などでパイロットにならなくても、セスナ機のように個人用のプロペラ機のライセンスは取れないものなのか?と疑問に。。ひとまず調査する事に。

 

 

飛行機の種類

まず、大きく分けて 2 つある

  1. 固定翼機: いわゆるプロペラ機である。ゼロ戦もこれにあたる
  2. 回転翼機: ヘリコプターと言った方がわかり

日本では、飛行場も少なく土地も広くないので、ヘリのライセンスがゼッタイ的に利用価値が高い気がする。。ので、今回は回転翼機について調べてみる事に。

 

そもそもライセンス取るとどうなの?

 

まず、一番最初に気になる、メリッド・デメリット。

メリット

自由になる

単純に「そ~ら~を自由に飛~びたいなっ!ハイ、自家用ヘリ~~」となるわけで、交通ルールに縛られず、好きな時に好きな場所にいけるのだ!

色々と条件があるようだけど、通報、飛行計画書 などが必要の様子。思ってたよりかは、簡単ではなさそうです。。笑 (後ほど、詳細を「航空法施行規則」にて確認する)

 

見えないものが見えるようになる

また、高い所から地上をみる気持ちよさはあると思うけど、それより 全体を俯瞰 する事で、地上にいては気づかないもの気付ける (はず)。

「木を見て森を見ず」と良く言うように、空に行って見ないとわからないものもきっとあるはずである。

 

持ってるだけでかっこいい

普通は持たないものなので、周りからの注目度はバツグンである。

ライセンスをさり気なく見せる事で、話題になること間違いなし。。後は話術か。。笑

 

ビジネスでも使える

下の記事にもあるが、住宅やビル、工場などを建築する際などのビジネス的な判断をする際に 自分の目 で見れるのはやはり良い。ドローンでも良いのかもしれないが、やはり実際に見て判断したいものだ。

株式会社アルペン 水野泰三 (前編) | 富裕層向け情報 シリーズ|ヘリコプターを持つ - ENRICH(エンリッチ) - Part 3

 

デメリット

ライセンスの取得が大変!

詳細は後述しているが、

  1. ライセンス費が高い!(300 - 400 万円くらい)
  2. アメリカにて 2~3 ヶ月程パイロット留学する必要がある
  3. 管制 (in アメリカ) とのやりとりできるレベルの英語力が必要

である。アメリカ赴任中である為、お金だけが問題なのだが、日本にいると絶対に取ろうとは思えないハードルの高さ!!

 

購入費とそのメンテ費が高い

仮にライセンスが取得できたとして、購入しないと好きな時に好きな場所へはいけない。。

  • ヘリ機体 (例: Brantly B2B) :約2,500万円
  • 年間維持費: 約 350万円以上 (飛行25時間定期点検含む)
  • 燃料代:約 280円 / リットル

うーーん。趣味の域を徐々に超えている気がする。。

同じような事を考えている人はやっぱりいて、クラブ という形でシェアの様な事ができるらしい。こっちが現実的かな。。笑 (参照: 東京ヘリコプタークラブ)

 

そもそも、そんな簡単にとれるの?

 

ライセンスの種類

タクシーなどでもそうだが、個人で利用する場合と商用で利用する場合とで、ライセンスの種類が違う。

  1. 自家用操縦士: 個人でヘリ操縦をする際に必要で、友達を乗せることもできる
  2. 事業用操縦士: 商用目的で飛行する場合に必要

 

取得までの流れ

このサイトが分かりやすい。

タイプ別免許取得までの流れ|ヘリコプター・飛行機 パイロットの夢叶えませんか~免許取得からお仕事まで~

 

日本国内のみでとる事も可能の方だが、時間とお金が倍以上かかる様子。まー、アメリカと違って土地が余って無く、ヘリで移動する重要がないから、仕方ないか。。

 

試験内容
  • 学科試験: 「航空法規」「航空気象」「航空工学」「空中航法」「通信」の5科目
  • 航空特殊無線技士資格
  • 実地試験

 

まとめ

やはり、航空機のライセンス取得は、クルマと違いハードルなかなか高い。でも が実現可能と思うとぜひ取ってきたい。

調査するまでわからなかったのだが、結局アメリカにパイロット留学するなら、アメリカ赴任中の「今」ライセンス取得した方が絶対に得である。。お、お金が貯まったらソッコーで取ろう!

スポンサーリンク