ハイパー仕事し隊

ハイパー仕事し隊

生き急がなくて良いじゃないか。のんびりスーパービジネスマンになろうぜっ!

MENU

アメリカにて 9 時 - 5 時 (AM) で働くのは当たり前!?

アメリカの朝は早い。

朝 7 時から働くのも普通である。

 

理由は簡単。それは 5 時 (PM) に帰る為である。

 

家族との時間、趣味の時間、家で引き続き仕事と人それぞれだが、日本で働いていた時を考えるとなかなか考えられない。というより、日系の会社 in アメリカである為、会社にいる時間 = 仕事をしている時間というのが根強く、日本にいる経営陣・社員的にも 5 時 (PM) 帰りは (家で仕事をしていても) ありえないのである。

 

その結果、アメリカで働く社員は。。。

スポンサーリンク

 

 

 

「夜遅くまで働くのが当たり前」という経営者

そもそも、日本の年配の経営者は 「会社員」に対し、「給与出しているんだからその分 (またはそれ以上) 働け」という気持ちが表に出過ぎてミエミエである。

 

ただ、それは仕方がないと思える部分もある。というのも、経営者は四六時中、会社・会社員の事を考えており、24 時間 365 日を会社・会社員の為に費やしているのである。それが楽しいからやっている部分はあると思うけど、そう考えると、何かをしてもしなくても毎月決まった給料が支払われる会社員に対しては「(経営者の俺がこんなに頑張っているんだから) もっと働け」というのは分からなくもない。

 

上下関係が尊重される日本において、年配の経営者は絶対的な力を持っている。その為、国が「働き方改革」で社員を守らないければいけない。。「24 時間戦えますか?」は働いた分だけちゃんとリターンがあったバブルの時代であり、IT が発達した今、やり方さえ間違えなければ、その必要は全くないのである。もちろん年配の経営者は IT が分からないので、自分がしてきた古い仕事術を押し付ける。

 

その様な経営者はアメリカで働いたことがない為、アメリカでは 5 時 (PM) が帰宅時間だと認識すらしていない。これまた理解不能なのである。

 

よって、夜遅くまで働くのは当たり前であり、それを期待 (= 押し付け) されるのである。

 

日本にいる社員とのコミュニケーション

アメリカと日本の時差は、場所にもよるが、約 13 - 16 時間 (夏時間) である。仮に 16 時間 (サンフランシスコなど) とした場合、

  • 日本の 9 時(AM) は、
  • アメリカでは、前日の 5時 (PM) 

となるため、日本でこれから仕事!というタイミングが、アメリカではもう仕事は終わり!というタイミングである。

 

どういうことかと言うと、日本とコミュニケーションをとる必要がある場合、残業をしなければならない のである。日本にいる社員も残業が当たり前という感覚なので、打合せ時間を日本のゴゴイチに設定する。各部門との打合せが必要であった場合、9 時 - 5 時 (AM) 勤務は特別なことではない。

契約によるが、マネージャなどの裁量労働の場合、残業が付かないケースもある。

 

まとめ

「アメリカで働く → 羨ましい」と思われがちだが、必ずしもそうとは言えない。

だが、どんなに長時間働いても、またどんなに短時間働いても、結局は自分がそこから何を学び、次にどう活かしていくかだと思う。単純に労働時間でその仕事を評価せず、そこから学ぶものと、労働時間によって失うものを比較し、今後の成長につなげていってほしい。

 

スポンサーリンク