ハイパー仕事し隊

ハイパー仕事し隊

生き急がなくて良いじゃないか。のんびりスーパービジネスマンになろうぜっ!

MENU

アメリカ住むなら、アメックスのプラチナカードが絶対オススメ!

アメリカではよくカード社会と言われますが、これはホントです。現金を使うのは、ホテルでのチップぐらい。$50、$100 ドル札紙幣はレア過ぎて、アジア人が普通にその辺でちらつかせていると、こっちがハラハラ・ドキドキする。

 

そんな見栄っ張りで、起業を目指しているオイラは、アメリカンエクスプレスのプラチナカードホルダーなのだ。。

 

そう、響きは良い。でもアメリカでは日本の招待制 (Invitation) ではなく、申請でとれる。普通の会社員であるオイラがとれているのだから、ハードルはそこまで高くない。

 

そんな、アメックスのプラチナホルダーそんなに魅力的なのか?

スポンサーリンク

 

 

 

そもそもプラチナカードってなに?

イロイロなサイトで紹介されているので、ここでは割愛。

cards.hateblo.jp

簡単に言うと、それなりに信用できる人にだけ発行されるのである。ここでいう信用とは、毎月の支払金額をちゃんと毎月支払ってくれる事。アメリカではクレジットヒストリーといって、「契約」の際に何かと調べられ、それによって金額も変わってくるというとても大事な指標。日本でもその信用がないと発行してもらえないのである。当たり前っちゃ、当たり前だけど。

 

アメリカンエクスプレスの月会費

まず、月会費。

日本では、130,000円+税

アメリカでは、$ 550  ($1 = 100 としても 5 万円越え) 

 

アメリカの方がダンゼン安いのである。しかも申請ベース。招待を待たなくても持てるのである。

 

日本にいたときから見栄っ張りのオイラはアメックスのグリーンカードを持っていた。アメリカ赴任で一番苦労することがクレジットカードの作成。アメックスであったため、日本でのクレジットヒストリーを引き継いでもらい難なくアメリカで作成することができた。しかも申請ベースでこの値段だったら、ひとまず申請してみるかと軽い気持ちでオンラインで申請すると、速攻で審査パス!笑

 

そして、プラチナカードホルダーになったのである。。

 

プラチナカードの付帯サービス

とは言っても、やはり $550 は高い。

でも付帯サービスで元が取れるケースた多いのである。詳しくは、既に他サイトで説明されているのでそちらをみてね。

 

日本とアメリカでは提供されているサービスが若干違うようだが、持っていて良かったと思ったのが、その保証制度。

 

購入したものを一定期間、無条件で返品・返金できる制度がある。この制度により、利用しなかった 10 万円分の航空券代を返金してもらった。

例えば、今回破産申請した「てるみくらぶ」の件でも、条件を満たせば泣き寝入りすることなく問題なくお金が戻ってくるのである。既に旅行中、旅行先で帰れなくなっても、電話でどうすべきかアドバイスも貰える (はず。笑)。。

 

日本発行のプラチナカードが同様のサービスを提供しているかは、確認する必要はあるが、アップグレードなどで得をする方法以外にも、保険という意味でもすごい効果があるケースも考えられるため、ぜひサービス内容を確認してほしい。

 

その他にも、指定したエアラインで年間 $200 分購入出来たり、2017 年からは毎月 Uber $15 分が付いてくる。なんだか持たない方が損にも思えてくる。。。特に出張・旅行を多くする人は。

 

まとめ

カード会社にとって年会費というのは重要な収入源である。だがそれ以上にカードを使ってもらうことで販売店から得られる手数料も重要なのである。そのため、いかに使ってもらえるか工夫を凝らしており、結果的にユーザーへは良いサービスの提供につながっている。

単に年会費だけでカードを選ばず、そこから得られるサービス内容で決めるのも、人生を豊かにするオプションとして考えてほしいものである。

  

スポンサーリンク